index

Fumiko Hata's Thesis index

米国における障害児教育の特質とその実際

ー軽度障害児の統合教育を中心にー

兵庫教育大学 学校教育学部 畑 文子

指導教官 成田 滋

      成田研究室のページへ
      兵庫教育大学のページへ
      元田美幸さん(平成9年度卒業)のページへ
      村川佳子さん(平成9年度卒業)のページへ
      鈴木浩之さん(平成9年度卒業)のページへ
      ウイスコンシン大学オークレア校のページへ


PDF版の要約(15K)はこちらです。お読みになるにはAcrobatReader日本語版が必要です。


目次

第1章 問題の所在

第2章 研究目的と方法

第3章 分析と考察

        1. 障害児教育の経緯と関連立法

  1) 裁判と判例
  2) 全障害児教育法
  3) 個別障害者教育法

2. 統合教育と個別障害者教育法

  1) 最も制約の少ない教育環境
  2) 無償で適切な公教育
 3) 専門家判定委員会
 4) 個別教育計画
 5) 適正手続 親の参加と権利

3. 障害児の教育措置形態

 1) 教育措置の定義
 2) 普通教育主導と一体化教育
 3) リソースルーム
 4) ピア・チュータリング

4. 早期教育

  1) ヘッドスタート
  2) 全障害児教育法
  3) 修正障害児教育法

5. オークレア市学校区の軽度障害児を含む統合教育

  1) ウィスコンシン州について
  2) ウィスコンシン州の障害児教育について
  3) オークレア市について
  4) オークレア市学校区の教育について
  5) オークレア市学校区の障害児教育と学校事例

 ロビンズ小学校の統合教育

第4章 結論とまとめ

文献

参考資料

要約


Email: メールはこちらまで。
QWR02364@niftyserve.or.jp